楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT


<<< Prev
>>> Next


〜 SONY HDR-SR1 使用レポート 〜


(提出日:2006/12/22)



 前回のレポートの提出直後に、canopusから“Canopus AVCHD converter”なるソフトウェアの発表があった。
 このソフトは、AVCHD形式の映像ファイルを canopus HQ codec に変換する事ができる物である。
 Canopus AVCHD converter の導入により、EDIUS Pro 上で HQ codec に変換し上での AVCHDカメラの映像を編集することが可能になる。

 今回は簡単に、Canopus AVCHD converter の使い方を説明する。



■Canopus AVCHD converter
 Canopus AVCHD converter をインストールすると、AVCHDファイル(*.m2ts)のアイコンが 「AVC」と描かれた画像に変わる。

AVCファイル


 このファイル(AVCHDファイル)をクリックすることで、自動的に Canopus AVCHD converter が起動し、canopus HQ codec への変換を始める。

Canopus AVCHD converter


 また、変換したい AVCHDファイルを選択し、右クリックでコンテクストメニューを呼び出すと、[AVCHD2HQで変換]という項目が追加されているので、それを選択しても変換を開始する。

右クリックでコンテキストメニューを呼び出すと、[AVCHD2HQで変換]という項目が追加されている



 変換後の HQ codecファイルの保存場所や、その品質などの設定は、以下に記す。

△このページのTOPへ戻る


■各種設定
 Canopus AVCHD converter のインストール後、デスクトップ上に2つのアイコンが作成される。

AVCHD2HQ  ダブルクリックすると、「AVCHD2HQ 音声出力設定」ダイアログが起動する。
 これは、AC3形式で収録されている AVCHD内の音声情報をどの形式で出力するかを設定する為のダイアログである。
 AVCHD音声が 5.1ch の場合、2ch にダウンミックスするか、5.1chのまま変換するかを選択する。
 なお、変換後の canopus HQ codec では、映像は 1440 x 1080 / 59.94i、音声は 2ch もしくは 6ch の 16bit PCM として扱われる。

 形式を設定し[OK]ボタンを押すと、次に「フォルダの参照」ウィンドウが開くので、変換後のファイル保存先を設定する。

 また、変換したいAVCHDファイルを AVCHD2HQアイコンへ ドラッグ&ドロップすると、自動的に Canopus AVCHD converter が起動し、canopus HQ codec への変換を始める。


HQ codec 設定  HQ codec 設定 を起動すると、「Canopus HQコーデック設定」ダイアログが開く。
 これは EDIUS Pro 等から HQ codec を設定するダイアログと同じ内容になっており、色空間変換とコーデック設定(圧縮・品質設定)が行える。


■バッチ処理
 Canopus AVCHD converter では複数の AVCHDファイルを一度に HQ codecファイルへ変換することが可能である。
 操作は簡単で、変換処理したいファイルを複数個選択し、AVCHD2HQアイコン へ ドラッグ&ドロップするだけである。

複数ファイルをD&D


 すると、Canopus AVCHD converterが起動し、複数のファイルを順次処理していく。
 また、複数ファイルを選択した状態で右クリックでコンテクストメニューを呼び出し、[AVCHD2HQで変換]を実行する事でも、バッチ処理可能である。

 バッチ処理では、私の環境の場合は Canopus AVCHD converter が2つ立ち上がり、2つのファイルを同時に処理していく。
 一度に処理されるファイルの数は、CPUのコア数に依存する。
 つまり、デュアルコアなら2同時、クアッドコアなら4つ同時ということだ。
 また、処理中に新たな処理ファイルを [AVCHD2HQで変換] でバッチ処理に追加することも可能である。
 コア数以上のファイル数の処理の場合は、ドラッグ&ドロップか [AVCHD2HQで変換]の選択かで少し挙動が違うが、いずれにしても順次処理可能である。
 また、処理の途中で新たに変換したいファイルを追加することも可能である。

△このページのTOPへ戻る


■処理時間とCPU使用率
 Canopus AVCHD converter を使って、AVCHDファイルを HQ codecファイルに変換する場合、AMD Athlon 64 X2 4200+ の私の環境では、単一ファイル処理の場合 CPU使用率は 65〜70% で処理時間は 10秒のAVCHDファイルで 28秒掛かっている。
 おおよそ実時間の2〜3倍掛かると考えて良いだろう。


 なお、諸般の事情により画質評価は後日のレポートで行いたいと思う。




<楽天市場で商品を探す>
SONY HDR-SR1(デジタルハイビジョンHDDビデオカメラ)
SONY HDR-UX1(デジタルハイビジョンDVDビデオカメラ)
SONY VCL-HG2030(テレコンバージョンレンズ)
SONY VCL-HG0730X(ワイドコンバージョンレンズ)
SONY ECM-HST1(ステレオマイクロホン)
SONY ECM-HGZ1(ガンズームマイク)
SONY ECM-HW1(ワイヤレスマイクロホン)



<<< Prev
>>> Next


△このページのTOPへ戻る