【Next零 ;更新記事】


機材台車
(伊波桜化)



Canon HF G20
ワイコン比較テスト



自作LANCリモコン
製作レポート



JVC GY-HM650
試用レポート



Bluetoothインカム



EDIUS @ Mac



FUJINON XT17s
レンズレポート



EDIUS6 レポート



LEDビデオライト
SONY HVL-LBPA



GPGPU と NLE



HDR-XR520V
使用レポート



FIRECODER Blu
レポート



Core i7 で NLE



HVR-S270J
関連レポート



HD→SDダウンコン検証




【Note; Affiliate】

rss 1.0


楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT



〜 創想雑誌 〜


−>>2020/01/11/(Sat) 2.4GHz Wireless Audio System 比較テスト/音質比較

 年が明け、1月4日に漸く AZDEN PRO-XR と RODE Wireless Go の比較テストを行うことができた。

 
 今回のテストでは、音質・飛距離・結線力の3点をテストしている。
 音質は、その通り各システムの音質を比べていく。
 飛距離は、電波の到達距離だ。見通しでの飛距離と人体の背面…つまり背中に送信機が隠れている場合の飛距離をテストしている。
 最後の結線力は、混雑した場所でのリンク切れ耐性のチェックだ。2.4GHz は Wi-Fi やBluetooth など多くの通信機器で使われている周波数帯のため、繁華街など人の多い場所では途切れがちの傾向がある。その点をチェックしている。

 テストは、実用性を念頭に置いた手法を用い、テストのためのテスト、性能を引き出すためのだけセットアップは行っていない。飽くまでも実現場での実使用を想定したセットアップでテストを実施している。

 今回の比較テストでは、AZDEN PRO-XR と RODE Wireless Go の他に、リファレンス機として SONY UWP-D11 を加えている。
 UWP-D11はユーザーレンジ的にも利用者が多いシステムであるし、比較の上で参考になるはずである。



■音質
 音質テストは、プロの女性ナレーターにお願いして宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の一説を朗読してもらった。
 またレコーディングは、プロの音声マンに手伝ってもらっているが、現場でのミキシングや調整などは行わず、ほぼストレートな音源の録音としてもらった。


 収録の手法は、レコーダーに Roland R-88 を使用。
 レコーダーの録音時のベースレベルを一定にするために、SONY UWP-D11 で基準レベルを取り、ワイヤレスシステム毎にケーブルを差し替えて、セッティングを固定した同じチャンネルで収録している。
 これにより、レコーダーに依拠する S/Nを一定にし、ワイヤレスシステム側の S/Nを検証するサンプルを得られる。
 なお、ワイヤレスシステム側のレベル設定だが、UWP-D11はATT 0dB/OUT LEVEL 0dB、AZDEN PRO-XR は音声出力レベルを6段階中最低値に、RODE Wireless Go は出力 dB設定を3段階中最低値とした。
 ただし、比較に用いたファイルは実際の編集利用を想定して Adobe Audition にてノーマライズ(0dB)処理を行い、オーディオレベルを持ち上げている。



 機種毎にケーブルを差し替える方法のため、その都度ナレーターは「雨ニモマケズ」を読み上げ直す必要があり、多少の発声の揺れはあるが検証には支障の無い範囲である。 

・SONY UWP-D11(リファレンス)

オリジナルファイル(*.wav)ダウンロード

  UWP-D11をリファレンスとするため、その性質を多く語るつもりはないが、人間の声の帯域に特性を合わせた明瞭な音を捉えており、SONYのアナログワイヤレス機に共通したローが薄めのキッパリとした音質だ。
 RAMSAが比較的ローをしっかり出すセッティングで声に厚みを感じる設計なら、SONYは音に堅さを感じるものの人の声に合わせたシャープな質感と言える。



・AZDEN PRO-XR
 このPRO-XRでは、前モデルの PRO-XDからラベリアマイクの品質を向上。
 前PRO-XDでは高品質マイクとしてオプション扱いだった“EX-507XD”だが、新機種PRO-XRでは専用に仕立てた直した“EX-507XR”が標準同梱されている。


オリジナルファイル(*.wav)ダウンロード

  PRO-XR と EX-507XR の組み合わせの音質は、SONY UWP-D11 に近い物になっている。声に少し堅さを感じるが、違和感を感じるほどでは無い。ただ、少しハイを立て気味なのか高音域のベースノイズはやや大きい。
 レイテンシーの問題はあるが、AZDEN PRO-XR は SONY UWP-D11 と混在して利用しても十分実用のレベルと言える音質だ。
 EX-507XR の採用でメインマイクとしても使えるクオリティーであり、前モデルから大きく進化したポイントだと言える。



・RODE Wireless Go ; Built-in Microphone
 Wireless Go の特徴は、コンパクトな送受信機を採用した上に、さらに送信機自体がマイクを内蔵している点にある。
 小型とは言え、45mm角ほどのこの送信機を胸元に取り付けるのは見慣れないスタイルになるので、テレビ番組などでは違和感を覚えるだろうが、従来の体裁にこだわらない YouTuberなどなら、このサイズ感とシンプルさは直ぐに受け入れられた筈だ。


オリジナルファイル(*.wav)ダウンロード

 音質に関してだが、ハイとローを大胆に削った中音域を立てたチューニングになっている。そのため、周辺の環境音がグッと抑えられており、パッと聞くと非常に明瞭な声を収音しているように感じる。
 反対に言えば、人間の声に特化したチューニングで音は全体的に痩せ気味だ。女性の声はあまり帯域の不足を感じないが、男性の声だとややローの厚みに物足りなさを感じるかも知れない。
 だが、音質が悪いわけではなく、あくまでも味付けの問題なので、撮った映像・音声を後処理に手間を掛けずに直ぐにネットにアップしたいという要望には非常に適合する。

 なお、後半の 8kHz付近に一定のノイズが入ってしまっているが、再現性がないため恐らく録音時の外的要素だと思われる。



・RODE Wireless Go + Lavalier GO
 Wireless Go にはオプションのラベリアマイク“Lavalier GO”も用意されている。従来のような「胸元にラベリアマイク」というスタイルも Wireless Go はサポートする。


オリジナルファイル(*.wav)ダウンロード

 音質は、本体内蔵マイクよりも SONY UWP-D11 の雰囲気に近づく。
 ハイとローはやや抑え気味だが、内蔵マイクほど大胆には絞っていない感じだ。
 ノイズの雰囲気は AZDEN PRO-XR と似ており、聞き比べるとややエッジが立っている音かな?と感じるぐらいだ。



■音質比較・まとめ

※4テスト連続再生:


 各機ともに予想以上の好印象で、当初は簡易Wirelessシステムだから音質は二の次かな?と考えていたのだが、十分な品質に仕上がっている。
 UWP-D11で対応できている現場であれば、音質的にはリプレイスしても違和感はないだろう。
 いずれの音質もキャラクター違いという感じで、どれが高音質かというランキングは点け難い。

 コストという点で見た場合は、AZDEN PRO-XR はラベリアマイク“EX-507XR”同梱で \25,000前後、RODE Wireless Go は オプションの“Lavalier GO”を追加購入すると \35,000前後になる計算だ。Wireless Go も収音に内蔵マイクを利用するならば、本体だけで \25,000前後と PRO-XR と同等の価格となる。
 選択はユーザーの収録スタイル次第という所だろうか?


<ナレーターさんがニットだったので、Wireless Go 本体の取付はこの様に…。>



■次回
 電波の飛距離テストを行った。
 大阪・淀川河川敷で、直線距離の約100m区間での電波到達比較テストである。


※本日の推奨物欲
   


△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/12/16/(Mon) 2.4GHzシステム取付ブラケット。

 AZDEN PRO-XR と RODE Wireless GO を JVC GY-HM660 に取り付けるためのブラケットを作成してみる。

 AZDEN PRO-XR の受信機(RX)には、シューマウントが備わっており、カメラのシューに簡単に取り付けられる。
 一方 RODE Wireless GO は、カメラベルトや衣服などに挟むことができるクリップが備わっているのだが、このクリップ幅がシューに嵌められる寸法で設計されているので、そのままカメラのシューにも取り付け可能だ。

 HM660にこれらのRXを取り付ける場合も、通常ならこのシューへの取り付けで済むのだが、私の場合は別の方法を用意することにした。
 理由は大きく2つある。
 1つは、HM660には内蔵マイクと排他利用の AUX入力が備わっている。3.5mm TRSタイプのものだ。カメラのマイク設定を内蔵マイクにした状態で、このAUXにTRSを挿すと自動的にAUX入力に切り替わる。これが結構便利なのだ。
 その HM660 の AUX入力端子はカメラの後方にイヤフォン端子と並んで備わっており、PRO-XR や Wireless GO の音声を入力するならこのAUX端子を利用したい。


 しかし、HM660のカメラの後方にはシューが備わっていないので、RXユニットの取り付け方法を考える必要がある。

 2つ目の理由は、既存のセットアップを崩したくないからだ。
 私が感じている PRO-XR と Wireless GO の魅力は『ちょっと使い』だ。
 日頃使っているシステムにちょっと加えると、凄く便利になる――という使い方だ。これは何も PRO-XR や Wireless GO がメイン使いできないと言っている訳ではない。
 『ちょっと使い』の機材として導入するのにも丁度よいポジションのガジェットだと感じているのだ。
 なので、既に照明や場合によってはB帯ワイヤレスレシーバーなどで使っているカメラのシューを PRO-XR や Wireless GO で占有したくないのだ。
 飽くまで、現行のシステムにプラスアルファで投入できることが強みだと思っているわけだ。

 上記の2つの理由から、AUX端子付近に PRO-XR と Wireless GO 専用のブラケットを制作する事にした。

 今回は、前回のマイクアタッチメント製作の反省から、3Dモデリングソフトは “Blender”に変更。まだまだ私が不慣れ、未理解のため上手く使いこなせていないのだが、最低限自分の作りたい物は作れそうだ。


 モデリングができれば、3Dプリンタ出力して実物で適合性を確認。トライアンドエラーで完成形を目指す。


<左上のはサポート材の出力設定ミスで、プリンティングが滅茶苦茶に…>


 実は JVC GY-HM660 には後部にワイヤレス受信機用ブラケットのためのネジ穴が用意されている。


 そこに専用の自作ブラケットを取り付けられるようにデザインした。
 それがこれ↓。



 このような感じで、ネジ止めできるので本体への加工無しで取り付けられる。
 基本的な設計思想は、PRO-XR や Wireless GO の“クリップ”を差し込むスリットを作って固定するというものだ。
 だだし、PRO-XR の受信機(RX)はシューマウントであってクリップではない。一方で送信機(TX)はベルトクリップが備わっており、文字通りベルトにクリップできる。
 そこで、従来機の PRO-XD の TX からベルトクリップだけを拝借して PRO-XR の RX に取り付けることにした(←皆、話についてきてる?)


 これで、PRO-XR も Wireless GO もクリップタイプになった。
 取り付け専用ブラケットは、この両者のクリップ幅が収まるように設計。
 工夫としては Wireless GO のクリップ幅の方が狭いので、スリット内部にガイドを設けて、Wireless GO が滑り動かないようにしてある。


<この断面写真では、上辺にクリップを取り付ける。中央部に Wireless GO用のガイドが付いている>


 では取り付けてみよう。

 AZDEN PRO-XR を取り付けると……




 RODE Wireless GO を取り付けると……



 以上の様な収まりになり、従来のオペレートも阻害しない。

 AZDEN の旧PRO-XD を使っていたときは、今回と同じ取付位置にマジックテープで受信機を貼り付けて、脱着できるようにしていた。
 しかし、段々とマジックテープの結合力に両面テープが負けてしまい、マジックテープ自体が剥がれてしまうようになった。また、マジックテープのファスナー面にカメラベルトの繊維が絡みつくなど、弊害も多かったのだ…。

 ただ、この位置への取付のメリットは感じていたので、今回はちゃんとブラケットを作成して取り付けることに挑戦した。

 それにしても、3Dプリンタは本当に便利だ。
 思い付いたことを直ぐに形にできる!
 なんで、今まで買わなかったのが不思議なぐらいだ。

 さて、いよいよ AZDEN PRO-XR と RODE Wireless GO 両者の実戦現場への投入を予定だ。
 追々、レビューを重ねていきたい。

△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/12/10/(Tue) AZDEN PRO-XR 緊急参戦!!

 ちょっと待ったぁぁぁぁぁぁ〜〜〜!!
 今注目の 2.4GHzワイヤレスシステムは RODE Wireless GO だけじゃ無いぜ!!
 
 ――と本日着弾したのが AZDEN “PRO-XR”
 日本メーカー AZDENが自信を持って送り出す、デジタルワイヤレスマイクロフォンシステムだ。

https://www.azden.co.jp/features/PRO-XR.html


 AZDEN の 2.4GHzワイヤレスシステムといえば 2016年4月に発売された PRO-XDがあり、こちらも当時は小型軽量の簡易ワイヤレスマイクシステムとして注目されたが、如何せん電波の到達距離が短く、本線として使うには不安要素が大きかった。


<海外ロケに持ち出していた旧版“PRO-XD”>


 しかし、2019年12月に発売となった新型の“PRO-XR”は電波の到達性能を改善!
 2.4GHz帯は、Wi-FiやBluetoothなど使用電波の多い帯域ゆえ、安定した電波の送受信を行う事が難しい状況も生まれる。

 そこで、PRO-XR では「周波数帯全体への自動スキャン機能」「自動的に電波の干渉を回避」「重複音声技術:Signal Redundancy Technology」を搭載。
 特にSignal Redundancy Technologyは、送信機から受信機へ複数の信号をそれぞれ異なる周波数で送信。聞くところでは3波の異なる周波数の電波を同時送信し、1つの電波の干渉を感知した場合は、即座に別の信号に切り替えを行うことで、安定して音声を送信することを可能にしている。



 送信機のアンテナもフレキシブルタイプと高出力タイプを同梱。
 電波の到達性能の改善に本気で取り組んでいる姿勢がよく窺える。

 
 細かな仕様は今後触れていきたいと思うのだが、汎用性という点では Wireless GO よりも PRO-XRの方に分があるように思え、様々なシーンでの応用を想定できる。
 一方で Wireless GO の、とにかくシンプルにワイヤレスマイク環境を構築できるストレートさも魅力的だ。


<PRO-XDと同様に入出力端子の豊富なPRO-XR>


 また暫くは、現場仕事が続くので、Wireless GO と PRO-XR のガチンコ対決は少し先になるのだが、いろいろとテストしたり比較したいことがあるので、2019年末から2020年の年始にかけて、あれこれ試してみたいと思っている。

△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/12/09/(Mon) RODE Wireless GO でインタビュー!


 11月。前回の海外ロケから帰国後、直ちに購入したのが RODE“Wireless GO”だ。
 送受信周波数 2.4GHz/伝送距離 約70m というこのワイヤレスマイクロフォンシステムは、それぞれ約45mm角の送受信ユニットで構成されており、送信機はそれ自体がマイクを内蔵する。
 背面にはクリップが付いており、送信機をそのまま衣服に取り付ければマイクとして機能するのだ。
 またそのクリップは、幅がカメラのアクセサリシューに挿入できるサイズに設計されており、ミラーレス一眼などのシューに取り付けることが可能。
 大変にコンパクトなワイヤレスマイクロフォンシステムを構築できるのが特徴だ。


 さて今回、RODE“Wireless GO”を導入したのは、最近行く海外ロケで街頭インタビューが増えてきたことに関係する。

 ディレクターとカメラマンとコーディネーター(兼通訳)という最小構成のクルーで、インタビューマイクの扱いというのは少々面倒だ。

 まず、有線で行うか無線で行うか。
 収録の安全を第一に考えれば有線だ。断線しない限りは確実に音は取れるし、ノイズにも強い。ただ、ケーブルが行動を制限したり邪魔になったりすることはある。ディレクターにケーブルの扱いを任せておくとスパゲティー状になっていて、いざ使いたいときに引き延ばせない…ということも多い。あと、何故か凄く小さく巻く人が多いので、ケーブルにクセが付く。やめてほしい…。
 その点、無線はケーブルに縛られないので動きが楽だ。インタビューを始めたい時にいちいちケーブルを繋がなくても良いし、何よりもインタビューが終わったら直ぐに次の行動に入れる。

 ただし、無線には大きな問題がある。国内ロケで基本的に使用する事の多い 800MHz帯…いわゆるB帯のワイヤレスマイクロフォンシステムは海外では使う事ができない。
 法律的にその国の無線規格の認定や許諾を受けていないと使用してはいけないからだ。
 その為、海外でワイヤレスマイクを使いたい場合は、現地でレンタルするか、日本国内での発放をしないこと前提に、その国毎のワイヤレスシステムを所有するしかない。ただ、所有はかなり非効率で現実的ではない。
 可能であれば、世界の多くの国で使用可能なシステムである事が望ましい。

 その1つの解答が2.4GHzワイヤレスシステムだろう。
 2.4GHz帯は ISMバンドとして全世界で使用可能な帯域の1つで、データ通信用の帯域として多くの国で利用可能だ。勿論、国や地域毎に出力などの規制があるので、どんな機器でも自由に使える訳ではないのだが、多くの2.4GHzワイヤレスシステムが各国各地域での認証を取り、同じ個体を全世界で使える物が多い。ドローンなんかも、そのひとつだろう。

 この Wireless GO も
 Australia & New Zealand
 Brazil
 Canada
 China
 European Union
 India
 Indonesia (申請中)
 Japan
 Mexico
 South Korea
 Taiwan
 United States
 の国と地域で利用可能となっており、今後はさらに東南アジアでの認可増加が期待される(2019年11月現在)。
 
 Wireless GOであれば、北米アメリカ・EU・オセアニアでのロケには法律上の問題なく活用出来るので、海外ロケの多くに投入可能になりそうだ。

 ただ、Wireless GOをそのまま海外ロケの街頭インタビューに使うのは難しい。
 街頭インタビューは番組の演出方法にもよるが、やはりインタビューマイクを使ってのスタイルが基本だろう。
 そして、基本と言えば SHURE SM63L というハンドマイクを使ったスタイルが王道だ。

 そこで今回は、Wireless GO を SM63Lと組み合わせてワイヤレスインタビューマイクに仕上げることにした。

 Wireless GO には送信機側に外部マイク入力端子(3.5mm TRS端子)が備わっている。これは、オプションの“Lavalier GO”という専用のピンマイクを使う為の端子だ。
 このTRS端子を使って、SM63Lをワイヤレス化することにした。

 まずは、SM63L と Wireless GO の一体化だ。マイク本体に Wireless GO を取り付けて、一体型ワイヤレスマイクのように使いたい。
 SM63L と Wireless GO の間を1〜1.5mケーブルで繋いで、送信機をディレクターのポケットなどに入れておく…という手もあるのだが、それだと Wireless GOの小ささを活かし切れないし、何よりもケーブルレスという課題解決には中途半端だ。

 そこで Wireless GO の購入と同時にポチッたのが、3Dプリンタだ。
 この5〜6年間……ずっと3Dプリンタが欲しかったのだが、欲しかっただけで利用目標が特になかった…。持っていれば何かには使ったかも知れないが、そう思うには5〜6年前は、まだまだそこそこ高価な機材だった。
 しかし、今回は明確な目的があったので、漸く購入に踏み切ることができた。


 とはいえ、3Dプリンタ初心者なので、まずは入門的な機種で十分だ。それほど解像度の高い物は必要ないだろう。
 ただ、ある程度の造形サイズは欲しかったので、最大造形サイズ 150×150×150mmでWi-Fi接続可能な XYZプリンティング社の“ダヴィンチ mini w+”を購入することにした。


<ラボ入居時からこの時のために空けておいた 3Dプリンタ用の空間>


 Wireless GO と 3Dプリンタが揃えば、次に一体化させるアタッチメントの設計だ。
 マイクの筒部分を挿入するようにして、Wireless GO を格納するスロットを用意する。
 電源ボタンとUSB充電端子にはアクセスできる様にし、またマイクとWireless GO を繋ぐケーブルの取り回しをユーザーが気にしなくても良い様にする。
 簡単にイメージのスケッチを起こしたあとは、実物でサイズを計測。設計図に落とし込んでいく。


 あとは、3DモデリングをすればOK。
 幸い、3Dモデリング や 3Dアニメーションは高校〜大学時代に趣味でやっていた。もう20年ほど前の話だが、基本は変わらない。
 ただ、ダヴィンチ mini w+ に附属しているモデリングソフト“XYZmaker”が本当にオマケのオマケで、ロクにモデリングができない…。
 学生の頃に使っていた 3Dソフトが Autodesk の 3ds Max だったので、比べるのが間違いなのだが、六角大王でももうちょっと使えたぞ!というぐらい、何もできない…。
 取り敢えず今回は、モデリング形状が単純だったので“XYZmaker”でやりきることにしたが、それが後々まで苦労を強いられることになった…。


 なお今は、話題の 3Dソフト Blender をインストールし勉強中だ。

 さて、基本的なモデリングが終われば、あとはトライ&エラー。モデリング&プリントの繰り返しで調整を行っていく。
 “XYZmaker”で細かく寸法を指定したつもりでも、実際に出力してみると0.1mm単位で誤差が出たりするので、上手くマイクが通らなかったり Wireless GO がハマらなかったり…。


<ダヴィンチ mini w+ で出力中>


 また、マイクに取り付けてみると課題に気が付く。
 インタビューマイクの持ち方や、また番組によってはマイクにマイクフラッグ(番組名などが描かれた三角形のアレだ)を取り付けることを考えると、アタッチメントはマイク本体には殆ど被らない位置に取り付けないとイケないことが見えてきた。


<試作アタッチメント>


 そこで、マイクを通す筒を延伸して、アタッチメントをXLRコネクタの位置まで下げることに。
 これで、マイクフラッグがついたマイクを下方で握っても、アタッチメントが邪魔にならないようにできた。


<サポート材の付いた状態>


<完成形のアタッチメント>

 
 あとは、マイクと Wireless GO を繋ぐケーブルを作れば OK。
 ケーブルは XLR−TRS変換なのだが、Wireless GO の送信機の TRS端子にはプラグインパワーの電圧が掛かっている。これは機器側でオフにする事ができない。
 SM63Lはダイナミックマイクなので、プラグインパワーの電圧が掛かり続ける事は好ましくないだろう。
 そこで、XLRコネクタ内にカットオフコンデンサーを仕込みプラグインパワーを切ることにした。


 これで、Wireless GO 一体型インタビューマイクが完成した!
 送信機一体型だが、Wireless GO の送信機は31g。3Dプリンタで出力したアタッチメントも20g程だ。実際にはこれにXLR端子の重量なども入ってくるのだが、持った感じの重量バランスはなかなか良い。
 ワイヤレスマイクとしては十分に機能しそうだ。


<マイク本体とアタッチメントを一緒に握り込むスタイル>


 ただ、課題というか問題点もない訳ではない。
 Wireless GO に入力した SM63L の音声レベルが低めなのだ。
 JVC HM660での利用を想定してるが、HM660のAUX入力の基準レベルを +12dBにして、さらにマニュアルレベル調整で最大入力ぐらいにしないと、実用的な入力レベルにならない。
 これは、イヤフォンを直接 Wireless GO の受信機に挿してモニタリングしても同様で、かなりレベルは小さめだ。
 送信機の「内蔵マイク」で収音した場合は問題ないレベルで聞こえるので、ダイナミックマイクとの組み合わせでの結果だろう。

 上述の、+12dBでマニュアル調整した場合は、多少S/Nは悪くなるものの、ボイスオーバー前提の海外ロケインタビューなら問題にはならない品質だと思う。
 ただ、この使い方でメインマイクにするには、一度ちゃんと音質を検証した方が良いだろう。


<電池状態やリンク状態を表すLEDランプは見えるように>



<送信機底面の電源ボタンも押せる>



<XLR端子のロックノブが肉抜き部分に収まるようにしてある>


 音レベルの問題は残ったものの、ワールドワイドで使えるコンパクトなワイヤレスインタビューマイクとしては、十分に実用的だ。
 また、Wireless GO の使用シーンや 3Dプリンタの可能性など、今後の展開が楽しみなガジェットも手に入れた。
 2020年はますます遊べる年になりそうだ!!


※本日の、推奨物欲。


△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/11/19/(Tue) 【悲報】ビデオ近畿・日本橋店、閉店!

 ビデオ近畿・日本橋店が閉店になる。


 学生の頃からお世話になってきた、もっとも身近な業務用ビデオ専門店だった。
 いつの頃からか、何故かお店の人にも顔と名前を覚えてもらえるようになり、また色々と無理を聞いて頂いたり、助けて頂いたりもした。
 大阪市内ですぐにお店まで行けるため、修理したい機材を持ち込んだり、あるいは商品を取りに行ったりと、自分の仕事と趣味を機材面からサポートしてくれる、必要不可欠な店舗だった。何も買わないのに、3〜4時間話し込んだ事もある(←迷惑)


<小さな機材なら電車で持って行った>


 そんな素晴らしいお店が、2019年12月末を持って閉店する。大変に悲しい…。
 スタッフの皆さんは京都本店に移られるようなので、京都まで行けば、またお会いできるのだが少し距離は遠くなってしまった。

 まだ日本橋店閉店まで少し時間がある。
 別れを惜しみに、近々店頭まで足を運んでみたい。

 今まで本当にありがとうございました!
 お疲れ様でした!

 そして、今後ともよろしくお願い申し上げます。

http://www.videkin.com/news/?n=360&fbclid=IwAR2IUGZHpiHgTBrlwyQKRAJlykRCFzjee5lwqKE-4vjcZeTuZeSddnXLFsY

△このページのTOPへ戻る

コメント

MAMEO(2019/11/20 01:07)
僕もDVデッキ買ったり、VX2000を見に行ったり、
修理に出したり・・・ビデキン
実店舗にはじめていったところでした。

NEXT ZOOMを読んで、ビデオサロン読んで
必死に調べて大阪まで往復5000円以上かけて
ドキドキしながら行ったなぁ
(あの頃はお金もなくて電車賃がきつかった(笑))

詳しくなかったときだったので
あの業務感の独特の雰囲気に長時間居れず
3時間話し込む!とかすごすぎます(笑)

高画質小型家庭カメラの台頭も影響あるんだろうな
VX2000を手放してから業務用カメラ手を出してないな・・・

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→